FC2ブログ

p.908◆ 濡れた座席のキリ男

CategoryLIFE☆徒然
0 0

【チビチビチビ誕生お手伝い3週間の関東暮らし】の任期を無事に終えて、帰りの新幹線です。

相方と二人暮らしで、子育てから卒業したことをイイことに、テキトーに暮らしているワタシが、家に居る時の10倍くらい働いたので(あれでか?!と言わないでねw)さすがにくたびれました。
が、しかし!無垢な新しい生命に日々癒されて、エネルギーを貰ってましたので、単なる疲れた、、とは又 別な感じでした。



4.5kgのぬくもりが既に懐かしく恋しく(笑)

また何かお役に立てることがありましたら、あっちの方もこっちの方も、ヤるときゃやるよ!のアビーをご指名下さいね('ー')/ふふ…



あ、さて・・

本題です(`◇´)ゞ



函館北斗行きのはやぶさ33号1号車1のA席、3人並びの窓側です。

モバイルSuicaで席を選ぶとき、2コブに相談しました。

進行方向の1番後ろの席がワタシの希望。
2コブは「入り口近くはしょっちゅうドアが開いて落ち着かないよ」と言うけど、ワタシは「空気の入れ換えでその方がいい!」と決めました。

理想は2人並びの窓側だけど、ほとんど空いていなくて、3人並びの窓側にしました。

「3人並びの席の窓側は、トイレ行くとき大変じゃない?」と言われたけど、
「駅で用たしてからいくから大丈夫!」とその席にしました。



こんなの初めてですが、通路側の席にビニールが敷かれていて【故障中】と印刷された紙が置いてありました。

( -_・)?ん?故障?

ま、3人並びの真ん中は結構な確率で空席のまんまが多いので、通路側のC席まで空席なんて貸し切りだよ!ラッキー!と思ってました。

で、その話をLINEで2コブに教えたら「故障?ん?さては誰かオシッコもらしたな!(笑)」と言うので、まさかーーと思いましたが、もしかしたらそうかも?!臭いは別に感じないけど…(笑)



そして、次の駅に着いたときのこと・・

60代?のスーツ姿のキリリッとした男性が乗り込んできました。

どうも、ビニール席の人のようです。
ビニールの上の紙をマジマジと見つめています。



すると、すかさず駅員がやってきて・・

「大変申し訳ないのですが、清掃の者から水濡れの報告がありまして、こちらの席は座れないので、こちらにお願いします」と丁重に頭を下げて60代キリリ男性に言いました。

案内したのはすぐ前の席。

60キリリ男は、ちょっと不機嫌に案内された前の席に座りました。

ところが、またしばらくしたら・・

なんと再び駅員が来て言いました。
「大変申し訳ないのですが、こちらの席を予約した方が次の駅で来られるようなので、別なお席にご案内いたします。本当に申し訳ありません!!」

さっきの案内のあと手違いに気づいたのでしょう。

すると、キリ男は、ちょっとムッとして、その席はどれくらい濡れているのか?なんの故障なのか?と聞きました。

駅員は、ビニールをめくって手で触って、
「やはり湿っていますので・・」
と都合悪そうに答えました。

するとキリ男が
「要するに!私がそのビニールの上に座ることをいとわなければ座ってもいいんでしょう?!」
「1番後ろの席は後ろを気にせず背もたれを倒してゆっくり過ごせるから1番後ろをわざわざ選んだんだ!」と。

(ワタシはどこの席でも背もたれを最大に倒しても、後ろの人には大丈夫なように設計された座席だと思うんですが~)

そして、たじろぐ駅員を尻目に、ビニール席にどっしりと座りました。

(* ̄ー ̄)わぉ!いいもの見聞きしたよ・・
と、ワタシはダンボ耳(笑)

その後、キリ男は座席を倒して寝ました。そして時々目覚めては、ビニールをめくって、座席の濡れ具合を確認。手で…なんの濡れかもわからんのに手で・・
そして、やはり濡れてるんでしょうね、結局最後までビニールはとらずそのままで、2時間ほどその席でごゆっくりなされて降りていきました。




ぜったーーーーい!!!

あの席はキリ男のお尻の熱で・・



乾いたな(* ̄ー ̄)ふふ

何事もなかったかのように・・

キリ男さん、お疲れ様でした。





しかし・・

いったい濡れた原因・・

何??(ーー;)??





到着しました。


・・真冬です

(; ̄ー ̄A

0 Comments